FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
以前、画像付きの日記で天然石を収納できる
ストラップを公開したと思います。

作成後、どの程度の耐久性があるのか
分かりませんでしたが、
見た目よりも耐久性があるようです。

かばんに付けるような形で使用していても、
よほど雑に扱わない限り切れることはありません。

このストラップは、他にも用途があります。
自身が金属アレルギーであることから、
浮かんだ案でした。
爽石の金属アレルギーは
比較的に軽いのかもしれませんが、
質の良いシルバーでギリギリクリアです。
それ以下の質のものは反応が出て装着できません。
ゴールド、もしくわ、アレルギー体質の人でも反応が出ない
ように施されたチタンを選んで身につけています。
ちなみに、
金属アレルギーの人は、腕時計を選ぶのが大変です。
時計の裏は金属が多いので・・・
それを身につけていると、どうなるでしょうか。
丸い形の時計ならば、円状の赤い湿疹が腕に出来ます。
そして暫く痒みが止まりません。
金属アレルギーは、こういったハンデがあります。


①ブレスレットとして常に身につけることが
出来ない時でも、天然石を身につけていたい。

②天然石のみで繋げたネックレスはコストがかかるし
作成するのが大変。

③天然石の付け替えが簡単に出来るようなものがいい


上記の三つの要望をクリアするものが作りたかったんです。

このストラップは三つの要望をクリアしてくれました。


まず、
革紐系のネックレスパーツを使用します。
革紐ネックレスの長さは自分の好みにします。
ストラップの結び目を短くします。
短くなったストラップを革紐ネックレスにくくりつけます。
これで天然石を常に身につけられるネックレスが完成です。

ストラップに使用している糸にはアレルギー反応は出ていません。
留め金に使用している金属は、天然石玉の方が大きいので、
金属の部分が直に体に当たることは滅多にありません。
念のために、留め金は24金を使用しています。
このネックレスをつけたまま入浴しても、
ストラップが壊れることはありません。
つけたまま入浴すると、ストラップについた汚れも
落ちて綺麗になりますので一石二鳥です。
(天然石自体を湯船に直に長時間、入れるのは
石の質の低下に繋がるのであまりお勧めできませんが。)


そしてストラップの
お役目が終わった後は、
殆どが糸で出来ているので、
処分する場合、環境に優しい。


このような理由の数々から、
あのシンプルなストラップが
生まれました。



他には、
天然石を二連、三連、に繋げたものを、
ペンダントトップにして、
ネックレスにつけるデザインもあります。
このデザインでは、
繋げる天然石の組み合わせを自由に
チェンジできるようになっています。
ただし、このデザインは
天然石に空けられた穴へ金属を通す加工が必要で、
もしかしたら接合部分の金属が
体に当たってしまう可能性があるので、
金属アレルギーの方にはお勧めできませんが・・・

これは天然石の組み合わせを研究する為の
爽石の願望が元で生まれたデザインなんですが、
我ながら面白いものができたと思っています。



スポンサーサイト
2012.09.16
 | HOME |  NEXT PAGE »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。